CMなどの宣言通りにすぐに

生まれてはじめてのカードローンでの借り入れとなったバンクイックでの申し込み。バンクイックで申し込んだのにはやはり、銀行系カードローンというところと、たくさんCMを打っていたところから安心感をえられたため、他のカードローンではなくバンクイックを選択した。ネットでスピーディーに審査完結という文言通り、ネットからの申し込みからすぐに電話がきて、迅速な審査・回答が得られ、うたい文句通りで満足度が得られた。限度額は特にこだわりがなかったのとあまり借りすぎるのも怖かったので、一番低い10万円に設定したが、消費者金融系カードローンに比べてバンクイックの審査は比較的に厳しいとのうわさがあったため、これでよかったのだろうとも当時は思っていた。
それから半年くらいして、やはり10万では厳しくなってきたため、申し増やしてもらえないかと思い、電話で再審査をお願いいしたがそこでは限度額アップとの回答は得られなかった。やはり厳しめのカードローンなのだなと、その時改めて感じた。


 

返済が進まない。

収入も少なかったのもあって、そうして限度額アップをあきらめたので、しばらくはだらだら返済しては借り、返済しては借りという自転車操業を繰り返し時間だけが過ぎていった。そんなある日突然バンクイックからの電話が入り、定期的な状況確認とのことだった。適当に回答し、やりとりしていくと、限度額が50万まで増額可能との審査回答が突然出てきた。
たまに返済日を忘れ一日二日返済が遅れた事もあったのだが、なんの影響もなかったようで、そういったところはどこのカードローンも意外と厳しくないのだろうかと、必要以上に返済日を気にしていた自分にその時気づかされたが、そうして増えた限度額で、今ではゆとりあるカードローンの使い方が出来ている。
しかしバンクイックは他社カードローンと比べて返済額が少なくて済むので、とても助かってはいるが、なかなか返済が進まず、実際いつか返し終わるのだろうかと、いくばくかの不安も覚えるきょうこの頃ではある。